手作りせっけん工房 a la llana ~ アラジャナ

a la llana(アラジャナ)の石けんは火を使わないコールドプロセスでひとつひとつ手作りしています。自然の恵みをいっぱいとじこめた石けんは、とてもやさしい使い心地です。
a la llana - 飾り気無く、気さくに -そんなハートの石けん達が、あなたの日常のお供となりますように。

手作り石けんを楽しんでいただくために

この手作り石けんは、熱を加えないコールドプロセス製法で、乾燥・熟成までに最低1~2ヶ月をかけて作っています。
原料の油脂も、お料理に使う食用のものがほとんど。こうしてのんびりゆっくりと出来た手作り石けんには天然のグリセリンがたっぷり含まれています。ほとんどの市販のせっけんでは、中和法もしくは塩析工程によってグリセリンは取り除かれています。取り除かれたグリセリンは、有益な工業原料として再度流通・利用されています。
一方、グリセリンは空気中の水分を引き寄せる性質があるため、使用後は水などのかかるところに置かず、水切をよくしてください。
合成界面活性剤や合成保存料は一切使用していません。ご使用になるまでは直射日光や高温多湿を避け、冷暗所で保存してください。一般的に手作り石けんは1年以内に使うのがよいとされています。
石けんの端面に白い粉が付着していることがありますが、鹸化反応中に空気中の二酸化炭素と結合して出来るソーダ灰(粉石けん様の物質)ですので、安心してお使いください。

お知らせ
当工房の石鹸は、油脂とアルカリを低温で反応させるコールドプロセスという製法で作った台所用石鹸です。使用している材料については、「原材料について」でご確認頂けます。

原材料について

アラジャナの石けんに使われている代表的な原材料を説明いたします

原材料一覧表

オイル

オリーブオイル
石けんの性質を左右するソフトオイルに当たるものです。
通常の場合、食用のピュアオリーブオイルを使用しています。
ピュアオリーブオイルは、オリーブの実を絞ったオイルの中で酸度の高いものを脱酸・脱臭・脱色し、
バージンオリーブオイルを加えたものです。
オレイン酸が多く含まれています。
パームオイル
アブラヤシの実から採れる脂で、石けんに固さを与え、泡もちをよくする作用があります。
パルミチン酸・オレイン酸が多く含まれ、パームオイルの配合を高くすると固い石けんになります。
パームカーネルオイル(パーム核オイル)
アブラヤシの種を絞って採れる脂です。
ラウリン酸を多く含み、石鹸の泡立ちが良くなります。
ココナツオイルと似た性質ですが、ココナツオイルよりオレイン酸が多く含まれているのが特徴です。
キャスターオイル(ひまし油)
アブラヤシの種子から採れる脂でラウリン酸が多く含まれているため、大きな泡を立たせ、冷水でもよく溶ける石けんができます。
ココナツオイルと同様の働きをしますが、ココナツオイルよりもオレイン酸を多く含むため肌あたりがマイルドであると言われています。
そのため、アラジャナではココナツオイルに代わってパームカーネルオイルを使用しています。
ココアバター
カカオ豆の種子から採れる脂。
脱臭していないものは甘いチョコレートの香りがします。
常温では固形ですが人肌でするりと溶けます。石鹸に入れると泡が重くなり、固い石鹸になります。
シアバター
アフリカに生えるアカマツ科のシアの木の種から低温圧搾で抽出したものです。
常温では固形で保湿効果が高く、強い太陽の下で暮らす人々の肌を紫外線や乾燥から守ってきました。
生産地では古くから食糧・燃料・薬品として使用されてきました。
最近では化粧品メーカーがクリームや石鹸に配合し、注目を集めています。
レッドパームオイル
アブラヤシの実から採れる脂でβ-カロテンを豊富に含むため赤色をしており食用としてアフリカの伝統料理には欠かせません。
現在はプランテーションによって栽培されており、精製したものは白色でパームオイルとして食用油脂、石鹸、洗剤の原料となっています。
同じくアブラヤシの種子から採れるものがパームカーネルオイルです。
ホホバオイル
ホホバの木は南米原産のツゲ科の低木で、その堅果を砕いて常温圧搾で抽出されたものがホホバオイルです。
未精製のものは黄金色で、正確にはオイルではなくワックスですので、非常に酸化しにくく安定性があります。
化粧品材料としてリップクリーム、シャンプー、口紅などに、またアロマテラピーでは優秀なキャリアオイルとして使用されています。
オーストリッチ(ダチョウ)オイル
--脂肪酸構成比表--
パルミチン酸 c16=21.50
ステアリン酸 c18=6.50
パルミトレイン酸 c16:1=3.40
オレイン酸 c18:1=38.70
リノール酸 c18:2=25.50
リノレン酸 c18:3=2.50

駝鳥から採れる油脂です。
日本ではあまりなじみのない油ですが、パルミチン酸を多く含むという点で、馬油と共通点があります。
また、エミュオイルとも性質がよく似ています。
パンプキンシードオイル
オーストリア原産のペポかぼちゃの種から採ったオイル。
低温圧搾で2.5Kgの種から1リットルのオイルしか採れないため大変高価で希少性が高く、味は濃厚でありながらさらりとしていて、色は宝石のようなダークグリーンです。
リノレン酸52%、オレイン酸28%、ビタミンE60mg/100g、ノンコレステロール。ナッツのような香ばしい芳香を放ち、料理の味をグレードアップするオイルです。
米油
オレイン酸とリノール酸をバランス良く含んでおり、サッパリもしすぎない石けんに使いやすいオイルです。
オリーブオイルなどのオレイン酸主体のオイルに比べると多少あわ立ちも良く、軽やかな泡立ちの石けんができます。

ハーブ・生薬

アラジャナでは、使用している生薬について出来る限りお知らせしていきたいと思っています。
使っている生薬は、民間薬として古くから一般的に使用されているものがほとんどです。
以下の説明はあくまでも生薬としての一般的な使用方法と効能であり、石鹸に入れたときの効能ではないことをご了承ください。

アカネ
茜(あかね)の根を乾燥させたものを生薬で茜草(せんそう)といいます。
煎じたものを飲用することにより、利尿、止血、通経薬として、
鼻血、吐血、血尿、血便、腎臓病、黄疸、神経痛、リューマチ、月経不順に効き目があります。咳を止める働きもあります。
また万葉の時代から茜を使って染色が行われてきました。
また酒に漬けた茜酒は滋養強壮薬としても飲用されています。
アロエ
アロエにはセンナや大黄に含まれているアントラキン類が含まれており、飲用で緩下作用があります。
少量で胃炎や消化不良によく量によって便秘にも効きます。
生命力旺盛で列島各地で栽培可能なためごく普通に民家に植えられています。
キハダ
キハダはミカン科の植物でコルク状の外皮をはぐと、鮮黄色の内皮がありこれを乾燥させたものを生薬で黄柏(おうはく)と云います。
黄柏は優れた健胃・下痢止め作用で日本薬局方にも入っており、陀羅尼助などの原料となっています。
アルカロイド、セスキテルペンラクトン、ステロールなどを含みます。
杏仁(きょうにん)
杏(あんず)は梅に良く似た様態で黄赤色の実を結びます。
核の中に出来た種子を6月ごろ採取し乾燥させたものを生薬で杏仁(きょうにん)といいます。
杏仁は煎じて飲むと咳、ぜんそく、呼吸困難に効果があります。
青酸配糖体であるアミグダリンを含むため量に注意して服用することが大切です。
また、油分を含むので便通が良くなります。
ちなみに杏仁豆腐には杏仁霜が使われていて大量に摂取して大丈夫なのかと思い調べてみましたら、杏には苦杏仁と甘扁杏仁の2つの系統があり、天扁杏仁のほうにはアミグダリンが含まれていないため食品用として使われているそうです。
苦杏のほうが薬用です。
金銀花(きんぎんか)
スイカズラの花が咲く4~5月頃に花蕾を採取し乾燥させたものを生薬で金銀花(きんぎんか)といいます。
葉茎を乾燥させたものが忍冬(にんどう)です。
スイカズラの花は最初白く、段々黄色くなっていく様子から、また茎の左右に2つ咲く花の一つは白く一つは黄色いことから「金銀花」というロマンチックな名前で呼ばれているようです。
内服すると、利尿、抗炎症、抗菌作用があって、解熱、解毒、発熱、血痢、伝染性肝炎、化膿性疾患、神経痛に良いそうです。
若葉はアク抜きして食用ともなる有用植物です。
紫根(しこん)
紫根はムラサキという植物の根を乾燥させたものです。
古くから染物に使われてきた植物で、推古天皇の頃に小野妹子が中国から伝えたといわれています。
シコニン・アラントインを含み、ドイツ語ではボラギノールと呼ばれます
スギナ
スギナはツクシが枯れた後に同じ根茎から出る植物です。
ヨーロッパではホーステイルと呼ばれ、解熱や癌の予防に使われていました。
その薬効が日本に伝えられたのは江戸時代で、ヨーロッパの伝承がオランダやポルトガルとの交易を通じて伝わったとされています。
トウキ
11月ごろ採取したトウキの根を乾燥させたものを生薬の当帰(とうき)といいます。
当帰芍薬散が大変有名な漢方では婦人系の主薬で、冷え性、月経痛、のぼせ、鎮静、鎮痛、強壮、腹痛、頭痛、貧血などに広く応用されています。
紫根とともに紫雲膏(しうんこう)の主成分となっています。
桃仁(とうにん)
6月から7月頃、熟した桃の実の核から種子を取り出し天日でよく乾燥させたものを生薬で、桃仁(とうにん)といいます。
飲用では女性に深く関係する処方です。
産前、産後、月経不順、更年期障害に煎じて用いられます。
どくだみ(十薬)
どくだみは古くから民家の軒先や暗く湿った庭の端などに普通に見られるありふれた薬草です。
生の葉にはそのにおいの元となっているデカノイルアセトアルデヒドやラウリールアルデヒドが含まれていますが、
乾燥させると消え、乾燥葉をお茶として飲用すると利尿、血圧低下によく、便秘に効きます。
胃痛や十二指腸潰瘍にもよいとされています。
紅花
紅花の赤い管状花だけを6~7月ごろ摘み取って乾燥させたものを、生薬で紅花(こうか)と云います。
古くより血に関する役割を受け持ち、月経不順、更年期障害、冷え性など女性に関係する不調に効き目があるといわれています。
万葉の時代からその花は染色に利用されており、貴重な赤色が採れる植物として紫の採れる紫根とともに珍重されてきました。
染料として使うには花の咲き始めが良く、外側から新鮮な花を採取していく様から「末摘花」との別名もあります。
びわの葉
びわは民家の庭先に普通に見られる植物で、繊毛の生えた細長く大きな葉をつけます
びわの葉にはアリグダミンという成分が含まれていてこれは癌の治療薬に臨床応用されているそうです。
ユキノシタ
雪ノ下(ユキノシタ)は民家の庭の湿り気のあるところに自生しています。
5月から7月ごろ、その葉を採取し乾燥させたものを生薬で、虎耳草(こじそう)といいます。
古くからの民間薬で、小児のひきつけや咳に飲ませたり、軽く浮腫のあるときには煎じて飲用します。
葉はてんぷら、ごまあえなど食用にもなります。
ヨクイニン
はとむぎの苞、果皮をむいて日干しにしたものを生薬で苡仁(よくいにん)といいます。
内服で、健胃、解熱、利尿、解毒の効果があり、
慢性胃腸病、かいよう、下痢、リューマチ、神経痛などの痛み、水腫、こしけなどに効き目があります。
腫瘍抑制作用のあるコイクセラノイドという成分が含まれています。
ヨモギ
6~7月頃に茎葉を採取して乾燥させたものを、生薬で艾葉(がいよう)といいます。
煎じて内服すると胃弱、食欲不振、胃酸過多、胸焼け、胃アトニー、便秘、下痢などの胃腸系などに効果があり、また青汁は高血圧、神経痛などに用いられます。
生の若葉はてんぷらや胡麻和えなど食用ともなります。
ローズマリー
ラテン語のrosmarinus(=海のしずく)から変化したとか、聖母マリアがマントを掛けておいた木の花の色が白から青に変わったことからrose of maryと呼ばれるようになった、などロマンチックな名前の由来があります。
地中海産のシソ科の植物で抗菌作用、好酸化作用があることから香辛料として肉料理などに使われます。
記憶力を増し、気分をすっきりとさせる働きがあります。
若返りの水と呼ばれるハンガリーウォーターの材料になるなど、さまざまな逸話を持つハーブです。
カレンデュラ
殺菌作用のあるタンニンやカレンデュリンを含むため、内用で胃炎や消化性潰瘍に良いと言われています。
ポットマリーゴールド、キンセンカとも呼ばれます。

その他の原材料

エッセンシャルオイル
エッセンシャルオイルは精油とも呼ばれ、大量の植物の葉、茎、皮、花などから水蒸気蒸留や圧搾によって揮発性の芳香成分を含む有機化合物を取り出したものです。
合成の成分を全く含まない天然自然のもので、100%PUREのものがアロマテラピーに用いられます
柿渋
渋柿の実を圧搾して取り出した汁を発酵させたもので、柿タンニンを含む酸性の物質です。
古くから染料や民間薬として、また防腐作用があるため魚網や木材建築、木工製品への塗布という用途で広く知られています。
クレイ
汚染されていない地中の粘土質を掘り出して乾燥させたものです。
シリカ、マグネシウム、鉄分、カルシウム、亜鉛、ナトリウム、アルミニウムなどミネラル分を多く含みます。
成分や産地の違いでさまざまな色があります。
ケルプ
コンブ科などの大形海藻のことです。
ヨード、リン、カルシウム、たんぱく質、ビタミン、繊維質が多く、食して体に良いことはよく知られています。
また、フコイダンを多く含むため粘り気があります。
シルクファイバー
カイコの幼虫が作る繭から採った繊維で、セリシンとフィブロインから構成されています。
竹炭
竹を炭化させ粉にしたもので、超微細孔が無数にあり脱臭作用があります。
マイナスイオンが水や空気を浄化するため飲料水や炊飯、インテリアなど用途は多岐に渡っています。
トルマリン
10月の誕生石であるトルマリンは、両端にプラスとマイナスの極をもち帯電する性質から電気石とも呼ばれています。
古くはネイティブアメリカンが儀式の時に用いた神聖な石とされ、現代では心身の安定や調和をはかるパワーストーンとして重宝がられています。
マリンファンゴ
海底から採集した海の泥を乾燥させ、粉砕したものです。
ミネラルを適度に含んでいます
フレグランスオイル
合成の香料を指します。
エッセンシャルオイルのような効能はありませんが、香りのもちがよく強く香るものが多いので手作りコスメや家事などさまざまな用途に使われます。
フルーツやお菓子のような香りもあり、エッセンシャルオイルでは表現できない香りの世界を表現することができます。

皆様にお届けする為に

アラジャナの石けんは品質の劣化を防ぐ為、一つ一つガス袋に包装して皆様にお届けしています。

ギフトラッピング

贈り物の際にはギフト用ボックス、袋をご利用下さい。ラッピングサービスも承っております。ショッピングページのカテゴリー「ギフトラッピング」よりご用命いただけます。

手作り石けん教室・手作りコスメ教室

手作りせっけん工房 a la llana~アラジャナでは、手作り石けん教室・手作りコスメ教室を行っております。
開催日時:不定期
場所:大阪 谷町4丁目 エンクル http://www.geocities.jp/en_kul/
エンクルさんでは他にも楽しい楽しい手作りイベントを随時開催しています。HPにてチェック!&お近くの方は是非遊びに来て下さいネ♪

店主の思い

手作り石けんとの出会い

手作り石けんと初めて出会ったのは2003年のことでした。

私の場合、きっかけは化粧品。
年齢を感じ出した30台前半、妙に化粧品にはまり、色々な良いといわれている化粧品に手を出して行きました。
最初は安くて口コミで評判の良いもの。
次に興味が昂じてくると、値段のはるデパートブランドに興味が移っていって、デパートの化粧品売り場が大好きになっていました。
あの頃は、クレンジング、洗顔フォーム、化粧水、乳液、美容液、クリームとこってり基礎化粧品を使っていました
。 でも段々と上がってくる化粧品の値段とは裏腹に肌のほうはどんどん衰えてくるみたい・・・
「このドラッグストアの化粧水とデパートで買った5000円の化粧水、一体どこが違うんだろう?」

そう不思議に思っていたある日、図書館で化粧品の成分に関する本を見つけたのです。
何冊か借りて読んでみました。
ショックでした。
肌に良いと信じて塗り重ねてきたものが、実はほとんど必要のない、かえって肌本来の力を奪い取ってしまうものだったなんて・・・
中には毒性があると言われているものもありました。
化粧品成分に関する本をたくさんたくさん読みました。
それまでどうして化粧品が何から出来ているのか考えなかったんだろう、と思いました。
「基礎化粧しすぎると肌が怠ける、却って悪い」と言われている意味が分かりました。
あの綺麗な容器に入っているとろりとしたテイストの、30ml1万円もする美容液の中身が何か分かってしまいました。

急速に化粧品に対する情熱がさめていきました。

本には、洗顔フォームよりも純石けんで洗顔するほうが肌を脱脂しない、と書いてあります。
石けんでお皿を洗えるというのも初めて知りました。
石けんで洗髪している人がいることも。
石けん一つで家中の「洗う」という仕事がこなせることを初めて知ったときの新鮮な悦び。
程なくして前田京子さんの「お風呂の愉しみ」に出会いました。
これが最初に読んだナチュラルケアの本でした。
それまで知らなかった手作り石けんやコスメ、アロマやハーブに関することがたくさん載っていて、メモを取りながら一心不乱に読んだのを憶えています。
そのときはエッセンシャルオイルの名前などほとんど知らなかったし、使ったこともなかったのですが、とにかく知りたい一心で、一生懸命メモしました。
その頃自分で石けんを作っている人がいるということも知りました。
難しそうだなあ、と思ったのを憶えています。
でも前田京子さんの「石けんのレシピ絵本」を読んでどうしても石けんが作りたくなり、いてもたってもいられず一人で石けんを作ってみました。
初めて作った石けんはマルセイユ石けん。
2003年5月のことでした。

その後

そのときの新鮮な感動は今も色あせていません。
今度は石けんをもっともっと知りたくなり、手作り石けんや手作りコスメ、ハーブやエッセンシャルオイル、生薬に関する本をむさぼるように読みました。
自分でもわからないくらいの狂おしい情熱で、どんどん頭の中に入っていくのが不思議でした。
石けんも3日にあけず作りました。
色々な石けんを作ってみたくてたまらない・・・
手作り石けんを通して、たくさんのことを知るチャンスに恵まれました。
快いことばかりでなく、今私達が直面している環境に関する問題も避けて通れませんでした。
原料のオイルがどこでどうやって生産されているのか、本当は何もしないほうが環境には良いのではないか・・・
そんな思いに悩むこともありました。

でも石けんに出会えたからこそ、そんな色々なことに目を向けられるようになったのだと思い返し、良い面に目を向けるようにしました。
子どものアトピーは確実によくなってきた。
廃油石けんで食器を洗うようになってから、私の指のささくれもなくなった。
洗顔後に慌てて化粧水をつけなくてもしっとり潤う肌になった。
-そんな悦びを他の人にも伝えたいと、石けん活動を始めました。

2004年8月にブログを始めました。
ここで出会ったたくさんのお友達も大切な宝物です。
石けん教室を場所をお借りして不定期で始めました。
NPO法人のメンバーになり、廃油石けん教室のアシスタントをさせて頂いたのもこの頃からです。
石けんに入れるために勉強し始めたアロマテラピーでしたが、より使う方に安心して頂けるよう、アロマテラピーアドバイザーになりました。
石けんの委託も始めました。
現在大阪のアロマショップ、美容室、子供服屋さんなどで取り扱っていただいています。
本当にありがたいことです。

石けんを作り始めてから変わったこと

それはもう、何もかもが変わっていきました。
ちょうど2004年頃、自分自身の人生の転換期がやってきました。
心のターニングポイント・・・というようなものでしょうか。
私はそれまでの私を自己検証し、もう一度一から生き直せることを喜びました。

石けんがそんな生活の変化の布石になっていたのかどうか・・・
きっと私が石けんを作り始めたのも偶然ではなく必然だったのだろうと思います。

それからも色々なことがありましたが石けんは常に私の生活の中にあります。
石けんを作ることが出来る環境にあることを喜び、感謝しつつ日々を過ごしたいと思います。

また、化粧品に関して言えば、基礎化粧品は相変わらず手作りしていますが、メイクは私にとっては必要なので一部を除いてメイクアップ化粧品は市販品を購入して使っています。
何を選ぶかは自分が決めていいのだと思います。
良いものは人それぞれ違うのですから。

これからのこと

2007年11月、ウェブショップをオープンすることが出来ました。
これまでも何度か考えたことがありましたが、あまりPCが得意でないことなどが理由で腰が上がりませんでした。
でもイベントなどで石けんを手にとって下さった方から、どこで買えるの?と聞いて頂けることが増えてきました。
委託販売店があっても遠方にお住まいの方、時間のない方にとってはわざわざ出かけていくのは難しいことです。
やってみなければわからないこともたくさんあります。
とりあえずやってみることにしました。
走りながら考えよう、と。

2004年から心理学の勉強を始めました。
心と体は繋がっていること。
心と体をリラックスさせること。
幸せに生きること。

アラジャナの石けんを使ってくださった方が、「今日も一日よく頑張った。明日もいい日でありますように」
とリラックスして思えるようなそんな石けんをお届けすることができたら・・・

最近は石けんの良さを知って頂きたい思いのほかに、そんな風な思いが強いのです。

a la llana~アラジャナ
とは、スペイン語で「飾り気なく、気さくに」という意味。
そんなハートの石けん達が、あなたの日常のお供になりますように。